ブログ

ベビースキンケア教室~保湿編~

親子のふれあい教室

「10月からほっぺが固くなってきて、
乾燥かもしれないとネットで調べたりして
保湿を始めたもののこれでいいのかなって。
今のところ、顔と手足など
服から出ているところに保湿してるんですが。。。」

教室始めにママに
「気になることはありますか?」
とお聞きしたところ、上記のようなお答えが。

ネットに溢れる様々な情報。
どれが正しいのかなんてわからない。
そんなことってありますよね。

ベビースキンケア教室では
現代皮膚科学に基づいて
最新情報を取り入れながら
ママたちにお伝えしています。

今回のテーマは「保湿」
乾燥の季節になって
かさかさお肌に悩むお子さんも増えています。

保湿剤も適当に~
ではなく、
赤ちゃんのお肌を守ってくれる
保湿剤を選んであげてくださいね(^^)

どうして赤ちゃんなのにお肌が乾燥するのか
保湿剤の選び方
保湿のタイミング
をお伝えしたところで

保湿の実践タイムへ!

保湿などスキンケアをしようとすると
逃げてしまうお子さんも多いと聞きます。

それはなぜ?
お子さんがその時間を楽しいと思っていないから。

じゃあ、スキンケアの時間を楽しいものにしたらいいんです!

まずは、
「クリームぬるよ~」の声かけから!
だっていきなり服脱がされて
ベタって塗られたらお子さんびっくりしちゃいますもんね。

赤ちゃんでもちゃ~んとママの言うこと聞いているんですよ(^^)

ね、ちゃんと目を見て
お話を聞いてくれています。

そしてママの手で保湿剤を温め
お歌をうたいながら
お顔から全身ぬっていきます。

ママもこんなにうれしそう。
ついつい難しい顔してたり
無言で塗ろうとしたり。

赤ちゃんは敏感ですので
その辺をビビッと感じとってしまうんです。

そうするとママとのこの時間が楽しくない。
気持ちよくないってなっちゃうんです。

ではなく、
ママもにこやか笑顔で
楽しいお歌を歌いながらぬると
お子さんとっても気持ちよさそうな顔をしていました!

「ほへ~」っと完全リラックスモードです。

うつぶせで背中もぬ~りぬり♪

「やっぱり全身保湿って必要なんですね!
あ、このおなかのざらざらももしや乾燥?!」
とママもびっくりな実践タイム。

全身保湿をする間
全く嫌がらず
むしろ寝ちゃいそうなくらいだったYくん。

幼いころ頃から保湿など
スキンケアを毎日の習慣にしておくと
大きくなっても逃げないんです。

だって、大好きなあったかいママの手にふれられるから。

気持ちがいいって知っているから。

お子さんの肌を守るための
スキンケアではあるけれど
このママからのタッチケアの気持ちよさを
ちっちゃい頃から知ってほしいなと思います。